2009年05月30日

季節の移り変わりと胃痛

5月が終わっていきます。

エバジャムで、新春〜新緑の時季にわたって煮ていた柑橘類も、もう甘夏を最後に煮終わりました。

皆さんは、みかんを茹でたことってありますか?
柑橘類を何十個と皮むきする時には、軽く湯通しするのです。とくに甘夏なんかは皮が厚いですからね。そのままむいては親指の生爪をはがしかねませんよ。

P1000103.jpg
















1分くらい湯通しして、流水で冷やせばクルンとむけます。
あまり活用できない知恵ですか…?
このゆで汁、オレンジオイルが浮いているのを確認できますよ。お風呂に入れたりすると良いのかも…と思いつつまだ試してません。

P1000104.jpg

















「あら〜これで終っちゃうね」と思っていれば、先輩のMs.高山からそろそろ杏が色付いてきているからそのつもりで、との連絡が。
杏の木はMs.高山の家の大家さんのもので、毎年庭掃除も兼ねて杏をわけていただきにあがります。
季節の移り変わりに、追いかけられています。

そして、季節の変わり目には体調を崩しがちじゃあないですか?
あれ?トシかしらん!?
ウィークポイントは胃。この数日の雨で冷えるせいか四六時中ではないけれどチクチク痛みが…。
で、去年訪れた仙台は秋保大滝の入り口に開いていた、主に薬草や山野草を扱う不思議な「市」で買った、乾燥させた木の表皮「キハダ」を煎じて飲んでいます。

P1000100.jpg















鮮やかに黄色い煮汁は、とっても苦〜い。まさに良薬口に苦し!?
効き目のほどは今ひとつよくわからないけど、その苦さでしばらくものを口にしないのは、良いのかも。

posted by evajam、エバジャム at 23:22| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

あなたのヒミツメニュー

乾いた風に、甘夏、白ワイン、ローリエをマーマレードに煮ているその香りがのって、何とも言えずさわやか。
今日のこの光の様子は、南フランスか!ってぇここちです。

P1000078.jpg















さて、そんな南仏気分の午後3時に小腹がすいたわよう、よっこらしょ。

誰にでもきっとヒミツのメニューがあるのじゃない?
見た目が良くないとか、あまりにチープでとかの理由でわざわざ人にすすめることなく、こっそり家で楽しむメニュー。
今日のおやつはそうゆうクラスのメニューかも。

食べかけの半分バナナは、フォイルにのっけトースターで真っ黒になるまで焼いてます。数日前に焼いたホットケーキは冷凍していたのを、バナナと一緒にトースターで温めてっと。

P1000075.jpg















ホットケーキ→クリームチーズ→バナナ→ジャム(グレープフルーツ、いちご)バナナは実をスプーンでトロリとすくって。オープンサンドの要領です。

P1000076.jpg















グチャッとした見た目に、てんこ盛りで食べづらい。でも、ケーキを食べたくらいの満足感です。
お腹も落ち着いて、休憩終了!作業続行〜!

友人はホームパーティの締めに「ハムご飯」を振る舞ってくれました。温かいご飯+普通のハム+しょうゆ、の「ハムご飯」。
めくるめくごちそうの後に「ハムご飯」。
このミスマッチにひるんだけれど、お腹一杯なところを一口だけ試させてもらうと、確かにおいしい!
「ハムご飯」これってヒミツメニューな気がしませんか?オープンな彼女は満面笑顔でみなにすすめてくれました。この時のことが彼女のチャーミングさを語る時にかかせないエピソードとなっています。












posted by evajam、エバジャム at 00:12| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

視界は緑が60%

1日中作業をして外に出られない時は、せめて庭に出て気分転換します。せまーい庭ですけど、いい季節ですからキラキラと新緑が鮮やかで風がサワ〜と吹けば、けっこう気分が変わるものです。
キラキラ〜 サワサワ〜

作業中のラジオから、THE BOOMのボーカル(名前が出てこないわ…)が「視界の60%が緑だといい」って、話しの流れはよくわからないけれどそんな言葉が聞こえてきました。ヒトの視界に入る60%のものが緑=植物/自然というのが本来あるべき、とかなんとか。
「だよねえ、だったら気持ちいいよねえ。」

今日から熊本の甘夏とローリエ(月桂樹)でマーマレードを仕込みます。今期の柑橘類はこの甘夏で最後だわ。

P1000064.jpg
















庭へローリエをとりに出ると、ムムッ!
脱皮したばかりなのか?クシュッとした抜け殻状がそばにあって、テントウ虫がじぃ〜っとしてます。なんだか中途半端な色。
携帯じゃあ接写出来ないよう〜デジカメ、デジカメでっと。

P1000062.jpg
















足りなくなったローリエをとりに再び庭へ…オオッ!
テントウ虫はまだじぃ〜っと動かず、そして色が変わっているではないですか。黒地に黄色いホシがくっきりとコントラストついてきてますよ!

P1000066.jpg
















最近ポコポコと葉にくっついてるコレが、ああなるのね。

P1000068.jpg
















テントウ虫のお陰で、2年間放っておかれたデジカメが日の目を浴びました。よかった、よくやった!


posted by evajam、エバジャム at 19:39| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

私に触れるとケガするよ


090515_1303~02.jpg






















ジャムの材料じゃないですけどね。
必要不可欠で、大切な道具です。
東京の名品、正本(まさもと)の包丁。
http://www.tukijimasamoto.co.jp/

今日はジャム作業がなく、久しぶりに包丁を研ぎました。
ここ何年かは、包丁研ぎを築地の正本にお願いしてました。
築地へ行けば、おいしい丼をかき込んだり、食材の買物したりとおまけの寄り道もありますから、そりゃあ楽しいです。
とは言っても包丁を研ぎに出し、3〜4日後に受け取とりに築地を往復するのは、やっぱりめんどう。
ということで、前回の受け取りの際、店のおにいちゃんにご指導いただいて、砥石も買い込んで研いでます。

ちょっと自慢ですが、まえに働いていた吉祥寺のお店で包丁研ぎは私の担当、くらいになっていました。
もう1人研ぐ男の子がいましたが、「彼の研ぐのより、長持ちするんだよ〜」と私の研いだ包丁は評価されたもんです。

カンはまだまだ戻らないけど、今日から修行じゃあ〜!
砥石にむかうのは、硯にむかうのと似たようなシャンとした気分ですよ。けっこう気持ちいいものです。
習慣に、なるかな〜!?

ジャム作業。仕込みはなくても、次のニチニチ日曜市のためにジャムを梱包したのでした。
今回は、前回紹介したヒマラヤシャクナゲ入りいちごジャムを販売します。商品名は「いちご・オリエンタル」ってどうでしょう?

日曜日、雨らしいのです。が、意外とニチニチ日曜市って雨に強いんです。お客さんが雨にも負ケズ来てくれるのです。ありがたいです。
4周年の今回は、ささやかながらお買物された方全員にプレゼントあり!全プレです!試作段階で私はけっこう気に入っているので、完成品を見るのが楽しみです。



posted by evajam、エバジャム at 00:35| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

ネパール国花、ヒマラヤシャクナゲとは…

友人のMr.マスターが、3週間のインド北部ダラムサラのお土産としてヒマラヤシャクナゲのジャムをくださった。

ヒマラヤシャクナゲとは…?
サラッと検索してみただけど色々出てきます。
なんだかすごいお花ですよ。

ヒマラヤ高地1000m以上に自生しいて、今の時期に花を咲かせるらしいのは、日本と似てますよ。
だけど人の背丈を超えない日本のシャクナゲと比べて、ヒマラヤのは背が高いそうで15mを超える、けっこうな巨木になるらしいです。

お花は蜜をたくさん含むので食用としてはもちろん、アロマオイルも取れ、医療品として使われるそうだし、木には樹脂が多く生木でも燃える燃料として多用されてるそう。(そのせいで乱伐もあるらしい…)
そして、ネパールの国花!
と、にわか仕込みですけどね。

Mr.マスターはトウリンドという3000mの峠を歩いたそうで、そのときにヒマラヤシャクナゲに出会ったそう。
岩だらけの枯れた山地に、この深紅の花々を見た時はどんな気分だったのでしょう!
写真を見せてもらったのでこちらを見ていただければ、雰囲気伝わるかしら。


jpg-2.jpeg















ああ…うつくしい…
花が食用になると知ってるMr.マスター、着ていたフリースを風呂敷代わりにその花を摘んで帰り、現地のレストランの方に煮てもらったというのです。
うう〜ん、なんて自由なの。
それがこのシャクナゲジャムです


090423_1217~01.jpg






















金曜日に、いちごと文旦マーマレードとこの花びらジャムをミックスしてみました。
花びらはいちごと文旦に対してほんの少しなのですが、その深紅色はきっとこのジャムにうつっています。

Mr.マスターはHPはこちら。インド日記のすべてが読めます。興味のある方はどうぞ。
http://www.kuu-kuu.com/
ピンポイントでシャクナゲ摘みの様子をが分かるのは、このページの日記です。
http://kuukuu99.exblog.jp/10753050/







posted by evajam、エバジャム at 12:03| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

trèfle

trèfle=トレフルと読みます。

ちょっと前に開店した渋谷の花屋さんで、開店記念にもらった小さなプラチックケースには、これまた小さなつぶつぶが入ってました。
そのつぶつぶはtrèfle=シロツメクサの種で、春先に蒔いたのがふんわり芽を伸ばしています。
写真左下、手前のふわふわのやつですよ。
なんてかわいいんだ!


090418_1018~01.jpg





















と言っても、トレフルはジャムの材料にはなりませんね。
その向こうにあるのが、今年のトマトジャムをキリリと引きしめてくれる予定のバジルです。
少しは料理にも使えるよう、鉢を増やしてみました。
しっかり育ってくれよ!

で、トレフル。
こいつは花を咲かせてくれるのかが、無事に芽吹いた次の楽しみであるのです。

隠れ家的(?)花屋は、無駄でダサイラッピングをしない(であろう)パンクな花屋さん。(と思う…)
trèflehttp://www.trefle-tokyo.jp/root/index.html


posted by evajam、エバジャム at 21:51| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

バリ島での怖〜い出来事

仲間3人とバリ島へ
現地の旅行会社で地方へのツアーを物色してみるが
ちっとも気が乗らないまま、ある村へ出掛けてい行った。
なんだか面白くないんだな〜。

おいしそうなごはん屋も、素敵な景色もなさそうじゃない!
気持ちはどんどん落ち込んで、景色もダークな色合いに…
ブツクサ言いたいのを我慢しながら、仲間と歩いて歩いて海に出る。

入り江のごつごつした岩場を、かなり深そうな海をのぞきながら落っこちないように気をつけて、ぴょんぴょん飛び歩いているとヒトデのようなクラゲのような、大小直径10〜20センチくらいの赤黒い生き物がたくさん、水中をぶわ〜んぶわ〜んとただよっている!
おえ〜っ!気持ち悪〜い。

それなのに、怖いもの見たさ?触りたさ?でちょっとつついてみたいな〜。
ちょん、ちょん。

うわあ〜っ!
海の中につっこんだ手には、ヒトデクラゲの触手がのびてきて1匹、2匹とくっついきた!
ぶつぶつぶつっっ

ぎゃ〜と手を引き抜いて、ぶんぶんふりまわしたらぶちぶちいってヒトデクラゲははがれて吹っ飛んだ。
かろうじて命拾い(!?)したけれど、手の腫れようったらない。
ヒリヒリ、ジンジン。
いたい〜いた〜いいた〜〜い

泣きべそかいてるいるのに、旅が始まってからの暗〜い気持ちはなぜか薄らいでいく…
痛いけど、ああ、なんか気持ちがはれて行くような気が…

という夢で今朝は目が覚めたんです。
ここのところ目覚めに爽快さがなくって、朝からなんだかねえ
って気持ちだったのが、この暗くて痛い夢での目覚めはなぜか良く、そのギャップが興味深くて、思わず書き残してしおきました。
こういうタイプの夢が意味することは?
気分良いから、きっと良い夢ですよね。
他人の夢を聞かされるほど退屈なことはないねえ、と思っているのにここまでのお付き合い、ありがとうございます。


090417_1948~01.jpg






















気持ちは晴れ晴れ!
熊本県水俣から届いた甘夏をマーマレードにしたのと
愛媛県へ嫁いだ小・中学校の同級生から送ってもらったユズの
ミックスマーマレードは、きっと良い気が入ったでしょう。
このミックスマーマレードは19日のニチニチ日曜市に出荷します。










posted by evajam、エバジャム at 00:20| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

みかんの山

先日はトチオトメを紹介しましたが、この時期はみかんの季節
でもありまして、九州は熊本県水俣市からつぎつぎといろんな
みかんを送ってもらってます。

ものすごく低農薬だからか、かなり汚れてるしブツブツと
お肌は荒れてますが、ひとつひとつがずっしりと重い!
この重さでおいしさを確信できるのだけど、同時に下処理の
しんどさも物語るのであります…

みかんの山

090328_1028~01.jpg

上:河内晩柑
中:グレープフルーツとレモン
下:パール柑

左:甘夏

















国産のグレープフルーツを加工できるなんて、夢のよう!
久しぶりに「初」素材を扱えるので楽しみですっ!
これからすべてを試食します。(レモンは無理か…)
生の味をよくよく知るのも、大切な行程なんですからね。


posted by evajam、エバジャム at 15:57| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

栃おとめ

最近はいちごです。
もう、いちごを煮た匂いが充満して、ずっとすっぱい。
この時期は、良いいちごが入ると近所の八百屋さんが
連絡をくれることになっているのです。

買物は、だんぜん個人商店でするのが楽しいもの。
その道のエキスパートに、あれこれと相談したり
選んでもらったり、関係のないことまでおしゃべりしたりしながらする買物は、値段に関わらず盛上がります。
個人商店は、八百屋さんも肉屋さんもCDショップも
その店の店主が経験を活かして商品を選んでる(はず!?)
セレクトショップ。
よしだやさん(八百屋)が、近所にあって良かった。


090318_1229~01.jpg





















こ〜んなにテッカテカで、蝋細工の輝きじゃあないですか。
この、栃おとめの甘酸っぱさがジャムにはぴったり。
「ジャムにゃ〜これじゃないとダメ!」とよしだやさんも
言ってます。




posted by evajam、エバジャム at 00:16| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

手強いキンカン

エバジャムのジャムに使われる材料をご紹介してます。

今日はキンカンです。
宮崎県から届くキンカンは無農薬の野生児のせいか
結構汚れているのです。

よ〜く洗うとピカピカぷっくり、なんてキレイ
なんでしょう。

090311_1705~01.jpg






















まずは半分にカットして、ここから種取り。
さあ、やったるで!と気合いが入ります。
ここからはてしない種取りの時間が続くのです。

090310_1714~01.jpg
























写真の日付が前後してるのは、ご愛嬌です。
じっくり時間をかけて、とろ〜り甘いキンカンマーマレードに
仕上ります。




posted by evajam、エバジャム at 22:04| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする