2012年08月23日

夏にリンゴ!?夏のリンゴです。

夏の果物はキュ〜〜〜ンと酸っぱくて良いわ。 プラム系をがぶりとかぶりつくのが好きよ。
食べるのは朝が良いわね〜。 
あ、でも桃もプラム系と言えばプラム系。甘いですね、ジューシーで。 
今年は雨が少なかったせいか桃の大、大、大当たりだったと思うのだけど、みなさんは当たったかしら? 
ジャムの材料として仕入れることも多いし、頂き物に多かったこともあってかなりの桃をいただいたのだけど、たったの1コしかハズレがなかったわ〜。こんな年、ないと思うのだけど。

と、夏の果物を楽しんでたところ山梨の農園から届いたのはこの時季になんとリンゴ。
夏のリンゴなんですって。ご存知でした?
紅玉に似たような味なのよ、とうかがってつまみ食いしてみると酸っぱくて、たしかに紅玉っぽいの。
残念なことに名前がまた分からなくなっちゃっていて「夏のリンゴ」としか聞けなかったわ。 
この農園の方はのんびりしてらして、桃の品種も「なんだったかしら〜。」となっちゃう。品種は重要じゃないのね、きっと。
それでもだ〜いじにだ〜いじ、かつスパルタに育ててらっしゃるお話しを聞くと感心するのよ。
生産者の数だけ色んな考えがあって、面白いです。


P1030437.jpg


先日も書いてましたが、重要なお知らせなので今日も。
8/3(金)から毎週金土日曜日の週3日、工房販売にあてて営業してましたが早くも暗礁に乗り上げまして、そうそうに今週から毎週土日曜日の週2日販売へ切替えさせていただきます。

じつは2週目の金土日曜日の販売あと、毎週のように月曜日には寝込んでいたのでございます。
くわえて天候や諸事情による材料仕入れのむずかしさも考えてのことでございます。

何年間ジャム屋をやってんのさ!?と自分でも自身のコントロール不足に情けなくなるんですが、やってみなきゃわかんないというニンゲンもいるかもね、とどうぞお許しください。

今週末、8/25(土)・26(日)の販売については追ってお知らせいたします!
あきれずチェックくださいませ!

エバジャム工房販売
毎週金土日曜日 11時〜18時
 

毎週土日曜日  11時〜18時




posted by evajam、エバジャム at 13:33| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

サクランボを待ってるんです!

今日は何度あったのかしら〜!たぶん真夏日をマークしてるはずよ。
とっても暑ぅ〜い東京です。

そんな日にですよ、届かなくってハラハラしてんの。出掛けたいのに出掛けらんないんだもの。
何を待ってるのかっていうとね、サクランボよ。
山形は天童から届く予定のサクランボは今年初めて扱う紅秀峰って種類。有名な佐藤錦ではございません。
召上がったこと、あります?紅秀峰。
ワタシは今回が初めてだと思うわ。

もうガマンならぬぅ!と5時過ぎに運送会社さんに問い合わせてみたら8時くらいの着荷になるとのこと。それでは出掛ける時間に丸かぶりよ。この暑さの東京をサクランボがグルグル移動してるかと思うと気が気じゃないわ。早く引取って冷蔵庫に入れてしまいたいの。
と、事情を運送会社のオペレーターさんに訴えてみると、ものの5分ほどでサクランボは手元に届いたわ。
じつはオペレーターさんに訴えて電話を切った途端、ちょっとわがままが過ぎたかしら…、運ちゃんにだってきっと配送のルートがあることだろうし…と反省モードに入ったけど、やってきた運ちゃんはひょうひょうと「あ〜、ここ、お店になんのね。」って新工房をチラッと見渡して帰ってったから、それほどのプレッシャーにはなってなかったかしら。ホッ〜。

届いた段ボールをバリバリと引き裂いて、現れた紅秀峰はいや〜ん、なあんて美しいのかしら!

P1030340.jpg


紅秀峰って、紅が頭につくわりに実の色はクリーム色に紅い色がサッとかかっていてかわいい色合いね。
実がとても大きいのでびっくりしたわ。口に放り込むとブチンブチンと皮がはじけるかための食感が楽しいわあ。
そしてと〜っても甘いのね。
こんなに甘いんじゃあ、お砂糖の量に気をつけなくちゃいけないわ。



P1030342.jpg
大きいのが解るかしら?

















明日からこの紅秀峰を煮始めるの。





posted by evajam、エバジャム at 18:51| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

GF

グレープフルーツをGFって略すといつもガールフレンドって心の中でつぶやいちゃう。

ゴールデンウィークはワタシにはあまり関係ないけれど、お勤め人のGF(女友達ね)がGW中の山梨旅行帰りに寄って、1泊して行ったわ。
山梨から摘んできた野フキ、三つ葉、野ビル、ニラ、アスパラガス。緑のものをたっぷりお土産に持って来てくれたの。
あ、彼女の実家が山梨で、庭先の畑でとれたものですよ、全部。

洗って、切って、料理して、食卓はお皿に盛られた緑色でいっぱいになったの。
野菜ばかりだとそれほどもたれないからね、お腹いっぱいにしても辛くならないわよね。
写真も撮らず、食べちゃったんだわあ。

とれたてのアスパラガスってめちゃくちゃおいしい。
野フキってスジ取りしなくても炒めて食べられちゃう。豚肉と鷹の爪、ちょっとのにんにくでパスタと合えて、最後に山椒の葉を散らしてみたわ。
三つ葉は、買ったものと全く違う味わいなのね。香りがものすごく華やかよ。
野ビルは子供の時からあまり好きじゃないけど、やっぱりこの日も「あんまりおいしいものじゃないねえ〜」なんて言いながら食べたの。
ニラは玉子とじに。

彼女は、お金のないワタシにだまされて九州を3週間ほどキャンプ旅行させられてるの。
キャンプの時も摘んだ三つ葉や竹の子を一緒に料理したんだった。
あの旅行から、もう10年以上経ったかしら。

P1020378.jpg















しばらく煮ているGF(グレープフルーツの方ね)を、今日もこれからたくさん煮るわ。

余談ですけど、BF=ボーイフレンドは、フレンドの方を強く発音すると男友達で、ボーイの方を強くすると恋人なんですって。知ってました?







posted by evajam、エバジャム at 09:56| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

内緒のはなし

今週もキウイとラ・フランスを平行してジャムにしてるわ。

キウイの話しをニヒル牛マガジンに更新。
http://nihirugyubook.but.jp/
読んで下さいませよっ。



P1010843.jpgラ・フランス
















洋梨って、フォルムはとっても好き。
だけど、内緒のはなしだけど味はそれほど好きじゃないの。
桃とか、洋梨って、モヤ〜ンとした味わい。
果肉はムッチリしてて、色白なとこはどんくさく過保護に育ったイメージよ。

優先するのは、酸っぱいとか、歯触りカシッととかのフレーズで、それは柑橘系やりんごが当てはまるの。
田舎育ちでおてんば&やんちゃなイメージってとこかしら。
まったく自分の育ちとつながってるわ。

でもね、それでもね、色白の過保護育ち(あくまで妄想よ)もジャムに煮てしまうと、また違う様子になっておいしいと思うのよ。

あら、なんだか自分のジャム自慢?自画自賛?
だってホントにそう思うんだもの!

洋梨はラ・フランスしかジャムにしたことないけれど、最近は種類が増えていているわよね。
他の種類も味わってみないとね、ひとくくりに洋梨はどんくさいなんて言えないかもしれないわ。


posted by evajam、エバジャム at 23:41| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

紅いと重い

寒いです。
雨の東京、明朝は今年一番の冷え込みですって。
お布団から出るのがつらくなってきますよねえ。

今年2回目に送っていただいた福島のいちじくは、ど真ん中に旬だったと思うのよ。
深〜い紅さで、果肉はトロリと味わい濃厚。


P1010765.jpg
















ねっとりと甘くて、その甘さをさらに重く〜、と赤ワインとショウガとほんのちょっとシナモンを加えて煮てみたわ。
これは初めてのレシピでございます。





posted by evajam、エバジャム at 20:26| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

飲み残したワイン

いまの時季はプラム系の果実が続々と届くんです。
すでに桃が2種類届いて、もう瓶詰めされて市を待ってますよ。
2種類の桃は「白鳳」と「あかつき」ね。

今週山形から届いたのは「太陽」って名前のプラム。
農家のアベさんは、この「太陽」のことを「スモモ」と呼ぶの。
だから、ワタシが「プラムはもう取れそうですか?」って聞いても、「えあっ?」ですって。「スモモ」と言い直して、発送の相談したわ。
山形では「スモモ」って呼ぶのがポピュラーなのね、きっと。
そうね、「スモモ」の呼びかたが、甘酸っぱさ表してるように思うし、おきゃんな田舎娘のイメージに結びついてかわいいわ。
届いた「太陽」は酸味が強いからね、ワタシもそう呼びたくなるの。



P1010596.jpg















ワタシは残念ながら酒飲みじゃない。
ウチへご飯を食べに来てくれたお客さんが飲み残した白ワインは、アベさんがスモモの段ボールに、特別に入れてくれた極小さいスモモを煮るのにちょうどの量で、ふんわりキレイな紅色のコンポートになったわ。

このコンポートをゼリーに固めたら、どんなかしら。 

posted by evajam、エバジャム at 10:13| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

夏に溶けてる

午前中から、夏の定番トマトジャムのためのトマトを収穫に、マウンテンバイクでびゅーーーんといつもの清水農園へ。
午前中のいつもの抜け道には、まだ人も車も自転車もまばらだったから、友人曰く「凶暴な運転」というワタシのチャリ操作が光ってたはずよ。

午前中っていったって、近頃の東京は30℃を超えちゃうものね、あっついわよ。でもね、鼻歌うたいながらびゅんびゅん飛ばせばへっちゃらなの。

農園につくと、いちばんに目に入ったのはこんな景色。

P1010530.jpgスイカとヘチマがぶらり。





















摘取りのお客さんのいない午前中の農園が閑散としてるのは、暑さのせいかしら。

P1010533.jpgし〜〜〜ん。






















カッカッと照らされて、じりじりやかれてるような気分になったけど、でもね、風が通れば気持ちいいの。
日焼止めは一応塗ってあるもの、顔をあげて、じわ〜っと、ふかく息をすって、ああ暑い…夏に溶けてく。

さてと、ワタシのトマトの様子は…と、ジャングルに分け入れば、あるわあるわ。

P1010531.jpg























トマトの枝の下にはコンパニオンプラント(http://earth-project.net/glossary/category_4/item.html)のバジルね。このバジルもジャムに使うから、少しわけていただいてっと。

P1010531.jpg手前から、ずら〜っとバジルで、背が高いのはトマトの木ね。



















なんてね、農園の中を「わお!」とか「きゃあ!」とか行って散歩しながら摘んだのはバジルだけよ。
トマトのいいとこを、ワタシが来るずっと前に収穫してくれてたのは清水さんです。

P1010529.jpg
















posted by evajam、エバジャム at 22:36| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

欲望に忠実

サクランボジャムのためのサクランボが届き始めたら、すぐにこのエバジャムのページに書いたのね。
そしたら、それを読んだのねえ、友人からの久しぶりのメールには「サクランボの種ほしい〜」ですって。
どうやらアイピローを、種を使って作りたいらしの。

枕を作りたいって言うのじゃあないし、アイピロー(お目めにのっける枕ですね。)なら、両目の上にのる程度の種があればいいのでしょうけど、でも、ワタシの分も作ってくれるって言うし、まあまあの量が必要でしょう、種。

種がツルンと実からとれないことも多いから、ちょっとずつ実が残った種をきれいにしてから渡すのって、ちょっと面倒じゃない?
「洗うの大変だもん、そのまま冷蔵か冷凍保存しとけばいい?」って返事して、洗わなくていいことにしてもらったわ。

だけどねえ…実が残ってベタベタした種の山を見るとねえ、洗わず引き渡すのは、なんだか気が引けません?引けるんです。
ワタシのアイピローにもなるんだもの。

「ワタシのアイピロー」に支えられながら、なかなかはがれない実をこすり取ろうと洗うのだけど、これがうまく取れないの。
ひょうたんを空っぽの状態にするときって、たしか、水にしばらくつけたひょうたんから、腐った中身を取り出すんだったわね〜と思い出し、大量の種を何日間か水に放置してるの。
猛暑日続くこの東京で。
その種入りのボウルがどんな様子になってるのかは、ご想像におまかせします。

ジャムを煮終わってから、瓶詰めにし終わってから、ひとつ加わった種洗いの作業。(え?グチっぽいですか?また?だって、意外とめんどうなんですもん。)
まだ全部の種を洗い切ってません。

ちいちゃん(種を所望の友人)、欲望に忠実なのって好きよ。きっとワタシにもアイピロー作ってね!
P1010517.jpg乾かし中。























ああ、ひとしきりグチったら、もうすっきり。


posted by evajam、エバジャム at 10:32| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

死ぬほど好き!?

6月あたまのハシリ(出始めのことね)の頃から約1ヶ月の間に、合計5回届けてもらったサクランボは、1回の段ボールに12kg入って5回の発送だから、なんと60kgも煮たことになるんだわ。
これが今年最後に届いたサクランボよ。


P1010514.jpg























ピッカピカに赤く熟して、さすがにハシリの頃とは甘みが違うのね。

今季最後の感慨なんて、ないわ。
さっさと処理しちゃわなきゃ、どんどん鮮度が落ちちゃうもの!
タネを取るべし!取るべし!

だけども、ふと気を許せば、日曜の夜にみたライヴで聞いた曲の詩が、頭の中でリフレーンしてるの。

「すきすきすきすき死ぬほどすっき〜!」

一緒にいた友人に、「ナニが死ぬほど好きだって〜!?」とライヴ中だから大きな声で聞くと「シミ・ヘンドリックス〜!」という返事がかえってきたの。

ふうん、ジミヘンが死ぬほど好きなのかあ…。
死ぬほど好きなもの、死ぬほど好きなもの…。思い浮かばないわあ…。
別の友人に、「死ぬほど好きなものって、ある?」って聞いてみたら、「白いごはん」って即答だったわ。
そりゃ、食べなきゃ死んじゃうものね。

タネを取りながら、つらつらそんなことを考えてると明らかに手が遅くなってるわね。慌ててタイマーかけながら、10分でどれだけとれるのか?と自分と戦っているの。


P1010515.jpg























死ぬほど好きなもの、かあ〜。
暑苦しいし、青臭いし、大げさだけど、ちょっとうらやましいわあ、この言葉。

ありますか?死ぬほど好き。

死ぬほど好きっていうのとは違うけど、今朝届いたコレには、嬉しくてペタペタと触ってみたり、説明書を読んであちこち確認したり、ついニヤけてしまうの。
自慢しちゃおうっと。
ジャ、ジャ〜〜〜ンン!!!


P1010516.jpg





















悩んで、悩んで、ついに購入に踏み切ったのは、アイスクリーマー!
これでね、エバジャムを使ったアイスクリームを作りたいの。
アイスクリームが出来上がったあかつきには、みなさんに召し上がっていただきますからね!
お楽しみに!




posted by evajam、エバジャム at 15:31| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

N.Y 摩天楼

バッドニュースとグッドニュースなら、どちらを先にお聞きになるタイプかしら?
ワタシは断然バッドニュースからだわ。

まずは残念なお知らせから。
「2ヶ月にひと夜咲きます」がキャッチフレーズの『百年と一晩スナック/おとなの日』、5月7日(金)の回は諸事情により中止とさせて頂きます。
尚、次回の予定は未定でございます。
楽しみにしていただいた皆様、大変申し訳ありません。
(スナック従業員一同)

ではグッドニュース、というか話しを変えて、先日まで仕込んでいたブンタンのマーマレードは甘夏とデコポンとをミックスされて3種のミカンのマーマレードになりましたよ。
瓶詰めのときに、N.Yを舞台にしたPVに魅せられた曲、Jay-Z (ft Alicia Keys)/ジェイ・ジー フューチャリング アリシア・キーズの「 Empire State Of Mind/エンパイア ステイト オブ マインド」を浴びるように聞かされた、その味わいははいかがなものでしょうか!?

瓶詰めされた80本が、ほら、摩天楼な景色に見えません?(見えないか…)

P1010221.jpg















N.Yっていうよりはサンフランシスコの方がタイプなのだけど、この4月はなんとな〜くN.Yがチラチラ身近な気分よ。

というのも、ワタシの中ではN.Yっぽいヒト、John Lurie/ジョン・ルーリーの展覧会を見に行ったから、なだけですけどね。
ジョンのこと、知らないけど気になるって方にはワタシが説明するより良さそうなのでコチラを↓
http://moonlinx.jp/selected_events/art/000763.php

作品と音ね。



絵も楽しんだけど、どう受取れば良いのかちょっと戸惑うシニカルなタイトルが、また良かったわ。
開期はまだまだ続くようですよ。

80年代にはN.Yでバスキアとともに絵を描いていたと何かで読んで、久しぶりに思い出した旅の記憶は、十何年か前にベルギーで立寄った古本屋さんで、たいした買い物もしていないのに店員がバスキアの画集をオマケしてくれたこと。
本をくれる本屋…よっぽどいらない本だったのか、旅行者には優しくをモットーとしてるのか…なんて、嬉しい気持ちより???と首を傾げながら店を出たのを思い出したわ。
いま探してみたら、あるある、その画集は何年も手にしてなかったけど、ちゃんと本棚に収まっているのね。


posted by evajam、エバジャム at 16:31| ジャムの材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする