2015年11月02日

11月07日不定期工房販売Part.2のジャムラインナップでございます〜!

近づいて来ております〜!

エバジャム工房の不定期販売 Part.2
 11月07日(土)11時〜17時 @エバジャム
 ゲスト
・まあるいぱんや/天然酵母パン http://yaplog.jp/maaruipanya/

販売予定ジャム
・和梨のスパイスジャム〜岐阜産豊水梨使用、ショウガ&クローブの香り
・リンゴ(つがる)ジャム〜長野産リンゴ使用、ローズマリーの香り
・桃&プルーンのミックスジャム〜山梨産桃、長野産プルーン使用
・グレープフルーツ&河内晩柑のミックスマーマレード〜熊本産グレープフルーツ、河内晩柑使用

秋らしくなってきましたよ、ジャムのせかいもね。

みなさまにとって秋と言えば、なんの秋かしら?
食欲?芸術?読書?睡眠?あ、睡眠は春だったかしら。

ワタシには、強いて言えば読書かしら〜。
息子を寝かしつけてしまうと家中で息をひそめて動き、お布団敷いて寝転んでしまうでしょ、となると本を読むことくらいしかないんです。
近所には大きな図書館があるので、本を買いに行くより借りに行く方が早いのね。(そう言えばぶらりと本を買える店が軒並みつぶれてって三鷹駅まで行かないと本が買えないんだわ)
最近はどんどん田辺聖子を読んでます。
読んだことあります?田辺聖子って。
田辺聖子の本の中の女の主人公は、ワタシにとってすごく「生」っぽく、身近に感じます。だけど反対にずいぶんぶっ飛んだ存在にも感じたり。潔くもあり、俗っぽくもあり。思い切りのよさにハラハラもします。
とにかく読んでいてスカッと、清々とすることが多いの。しみじみ、じわ〜っという時もありますよ。

タイトルがまた良いんだもの。
「苺をつぶしながら」
なあんてタイトル、ジャム屋にとってはたまらないもの。図書館で目に留まり、ここから田辺聖子の季節が始まったの。
短編集には
「おいしいものと恋の話し」
なんてのがあったり。

田辺聖子が大阪生まれのせいか大阪や神戸の景色や食べ物もくっきり書き込まれてるから、ちょっとしたガイド本を読んでる気分にもなれるのよね。
そういう点だけではなしに、日常の気分を一瞬にしろ変えてくれるって意味でも、読書をするってことはいちばん手っ取り早いトリップなのね。
みなさん、読書はどうですか?さいきん面白い本に出会いました?

ああ!余分なこと話してまた長くなってしまったわあ。
そうだわ、天然酵母パンを焼くまあるいぱんやさんの、スペルト小麦(古代小麦とも言います)のパンの登場も忘れちゃなりません!
11/7(土)は”秋”といえば食欲よ!というみなさんのおこしをお待ちしております♡


posted by evajam、エバジャム at 23:07| 直接販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする